Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

Xperia端末、なぜ急に起動しなくなることがあるのか? Xperia Galaxy Zenfone Huawei Nexusの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

お役立ち情報

Xperia端末、なぜ急に起動しなくなることがあるのか?

 

今回は、「Xperia端末が急に起動しなくなる訳」について、いくつかご紹介したいと思います。

 

さて、急にお使いの端末が起動しないとなってしまうと皆様は真っ先に何をお考えになられますか?

おそらく大半の方は「バッテリーが壊れてしまった!」とお考えになられることかと思います。

しかし、バッテリーだけの不具合で起動できないといった症状が出るわけではございません。

今回は、バッテリーやそのほかの部品にも焦点を当てながら起動不良に関してお伝えいたします。

 

そもそも起動できないってどういこと??

 この言い方って人によって変わってくるんです。

ある人は「バッテリーが切れて充電もたまらない」のを起動できないとおっしゃられますし、ある人は「画面が割れて、何も映像出力されない」のを起動できない、またある人は「メーカーのロゴマークが延々と表示されて、ホーム画面に進まない」のを起動できないとおっしゃる方もいらっしゃいます。

実はこの言い方に正解なんてないんです。「起動しない」というのは「(パスワード設定しているかどうかは別として)ホーム画面に進まず、全くもって動作できない状態」のこと指すので、この言い方で問題はないのです。

ただ、その原因がなんであるのかを切り分けるために部品交換作業が必要になってくるのですが、その中でも頻繁にお伺いする症状についていくつかご紹介いたします。

 

その1、バッテリー

起動しない症状の半数以上がこのバッテリー起因であるといっても過言でないくらいによくご相談・修理のご依頼いただいております。

よくあるのが「バッテリーが膨らんできて、背面パネルor前面パネルが浮いてきた」「一定のパーセンテージを下回ると急に電源が落ちてしまう」などの症状です。

これらの症状は共通して「現状電源が起動できている状態で、尚且つ目視で確認のとれる症状」なのですが、目視で確認できない、あるいは部品交換してみないとわからないという症状が「充電ケーブルを挿しても充電反応が出てこない・画面上にバッテリーマークが表示されない」「バッテリーマークは表示されているけれども、一向に充電が溜まらない」などの症状です。

これらの症状も、「基板がバッテリーを認識していないがために起こりうる症状」のケースもあるため、時と場合によってはバッテリーの接続口の抜き外しや、あるいは落下させてこれらの症状が出てしまったのなら付け直しで改善できる可能性も十分にあり得るのです。

↓実際の不具合の画像↓

img_5393

この画像がいわゆる「充電ケーブルを挿しても充電できない」といった症状のものです。

基板に通電しているものの、バッテリーが認識されなくて起動できないといった状態ですね。

こういった症状なら一度分解してみて、ケーブルの着脱で改善できるかもしれませんが、それでできなければ部品交換といった次第です。

 

その2、充電口

バッテリーについては上述した通りなのですが、バッテリー交換してみても「充電ランプがつかない・充電マークが表示されない」となりますと次に試してみるのが充電口交換になります。また、「充電反応が出るけどパーセンテージが増えない」という状態も実は充電口起因で起こってる不具合の可能性が高いです。

さらに、この部品に関しては端末によって作りが変わっているのです。

大別するなら、「基板に直接取りついているか、そうでないか」です。

↓充電口の画像(XperiaZ3Compactの場合)↓

img_6586

今回の端末ですと、「基板に直接取り付いているタイプ」の仕様ですね。

「基板に直接取り付いていないタイプ」が所謂コネクタ接続されているものになりますが、おおよそこのような形状です。

↓充電口の画像(XZPremiumコネクタパーツの例)↓

img_7049

このタイプの充電口であればパーツの有無やご来店いただくお時間帯によって当日中にご返却できる可能性がございますが、基板に直接ついてるものだとハンダ付けの作業が必要になるため、動作確認も兼ねてお預かりになるケースが多いです。

というのも基板にとりついている金属端子部分、所謂「接点」という箇所になるのですがそこから通電しているためここが剥離しようものなら、いくらパーツを付け替えても充電反応も出ない・充電すらできないという最悪の事態になりかねません。

なので慎重を期して作業する為にお預かりさせていただいているといった次第です。

↓接点部分の写真(赤丸で囲っている箇所)↓

img_6911-1

画像上だと4本の金属端子が取りつけられておりますが、その下にあるのが接点です。

また、ここの部分に関しても「交換する前から実は剥離してた」といったケースも多々ございます。

落下された際の衝撃など原因は様々ですが、1番の原因は「充電ケーブルを力強く挿しこんだ」「ケーブルを挿入した状態で、ケーブルにものを引っ掛けた、もしくは、グラグラと揺らしてしまった」といったものです。

いくらハンダで固定されているとは言えど、人の力がこんな小さい部品にかかってしまうとなると壊れてしまうというのがむしろ自然です…。

仮に基板修理できたとしても、さらに費用・時間が重なってしまったりしてしまいますのでお取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

 

その3、画面(タッチパネル+液晶のこと)

上記のバッテリーや充電口といった通電部品についてご案内いたしましたが、次は出力部品です。

導入でも触れたように「内部の液晶が割れてしまって映像が映らない」というのも起動しないといった症状に含まれます。

たとえバッテリーパーツが正常であっても、画面に不具合があれば映るものも映らないです。

しかし、画面は映っていなくても実は動作できたりすることもあるんです(悪い意味で)。

だいたいどのスマホも「タッチパネル+液晶」の構造になってます。

「タッチパネルの主な機能は、指で触れた部分を認識させるパーツ、液晶の主な機能は、システム内で認識した映像を映し出すパーツ。」ぐらいの認識で結構です。

なので上述した「画面が映ってなくても動作できたりする」という文言は、

「内部の液晶パネルが破損しているだけで映像が映らず、タッチは効いている」という症状の事なのです。

画面が真っ暗でも中から音が聞こえてくるということなら切り分けは簡単なのですが、そうでなければ部品交換してみるしか手段はないです。また、タッチが効いているということなので画面をむやみやたらに触ったりすると「パスワードが誤入力された扱いになってしまい、パスワードロックが掛かってしまう」といった事態に発展して、端末を初期化しないと使えなくなってしまうといったことにも繋がり兼ねませんので、画面が真っ暗になっていて音が聞こえている時はそのままの状態で置いていただき、すぐにでも修理するのを推奨いたします。

 

その4、基板不良・水没

画面やバッテリー以外のパーツで起動不良に陥ってしまうのがこの基板という部品です。

おおまかな説明としては、

1、スマホを動作させるためのシステム(OS:Xperiaの場合はAndroid)が搭載されている。

2、画面やバッテリーを認識させるためのコネクタ(接続部分)やデータを管理するチップが搭載されている。

といった内容です。

要は、スマホのデータや動作を管理している部品という認識で大丈夫です。

では、基板不良とは何なのか?ということですが、大まかに挙げるとこのような内容になります。

1、メーカーロゴが延々とループする。

2、自動的に再起動を繰り返す。

3、急に電源が点かなくなってしまう。

これらの症状はXperiaだけでなく、他のAndroid端末やiPhoneシリーズ、タブレット端末などでも見られます。

メーカーロゴループはバッテリー交換でも挙げたようにパーツが認識されていないがために起こる症状の可能性などもございますが、スマホの基板にもCPUなるものが搭載されていたり、基板にとりついている他のチップにも不具合がでてるとやはりこのような症状になりかねません..。

また、自動的に再起動を繰り返してしまったり急に電源が点かなくなってしまう症状に関しても、部品不良の可能性や使用しているアプリや設定などのエラーでそのような状態になってしまう可能性もございますが、部品交換や設定の変更等を行っても改善されないとあれば、やはり基板要因での症状である可能性が高くなってしまうのです。

さらに水没して端末が起動しなくなってしまうトラブルもございます。

水没して起動できなくなってしまう原因が、

1、基板が故障してしまい通電しない。

2、バッテリーや画面といったパーツの破損。

などでございます。

パーツが濡れてしまうだけでも精密機器にとっては命取りになりますので、水没された直後でお持ち込みとなりますと改善の余地は多少なりき高くなるかとは思われますが、時間が経過するごとに復旧率も必然的に下がってきてしまいますのでいずれにせよ修理はお早めにといったところですね。

 

終わりに

 今回の内容いかがでしたでしょうか?

急に起動しなくなってしまう原因にも様々な理由があるのです。

パーツが原因であったり、基板が原因であったり、システムであったり…と多岐にわたります。

ましてや使用している年数が長ければ長いほどこのような症状が出てくる可能性の方が高くなってくるのです。

それでも修理をご希望されるのは、「中のデータが欲しいから」と言うのが大半です。

しかし、基板やシステムに不具合が起こってしまうと修理はおろか、データ取り出しすらままならなくなってしまうため、

常日頃からバックアップを取る習慣を心がけるのが最適解かと思われます。

これをすることによって、修理に出すのがお得なのか、もしくは、新しい端末を買い換えるのが吉なのかを考える選択肢が増えてくるのです。

それでも修理をご依頼いただけるようでございましたら、一度店頭にておお問い合わせいただければと思いますので皆様のご来店お待ちしております。

 

スマホスピタル厚木ガーデンシティ

スマホスピタル厚木ガーデンシティの詳細・アクセス

〒243-0018 神奈川県厚木市中町1丁目5−10 厚木ガーデンシティ4F415-2号区画

営業時間 10時~20時(無休)

電話番号 050-5445-9232

電話番号 050-5445-9232

E-mail info@iphonerepair-atsugi.com

オンライン予約 スマホスピタル厚木ガーデンシティ WEB予約 >>

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • 買取サービス
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

修理速報

  • 【Xperia】画面が浮いている原因はバッテリー膨張【XZ1】

    スマートフォンを使用しているとバッテリーの持ちが悪くなってきます。この症状は劣化してくると起きてきます。特に過充電・過放電は膨張の原因になります。今回はXperiaXZ1のバッテリーを交換しました。お...続きを読む

    [2021.09.18] スマホスピタル 新宿南口

  • バッテリーが膨らんでしまったArrwos M03の端末、バッテリー交換修理承ります。

    Arrows M03 バッテリー交換修理について今回修理のご相談を頂いたのは、Arrows M03の端末で、バッテリーが膨張してしまったので、その交換をして欲しいと、中区にお住いのお客様よりご依頼を頂...続きを読む

    [2021.09.18] スマホスピタル 広島本通り

  • 電池の減りが早い【GalaxyS6Edge】のバッテリー交換

    android 修理 錦糸町 でお探しならスマホスピタル錦糸町にお任せ下さい!! みなさんこんにちは!!JR錦糸町駅北口から徒歩3分のiPhone修理店スマホスピタル錦糸町店です♬当店はiP...続きを読む

    [2021.09.17] スマホスピタル錦糸町