Xperia Galaxy Zenfone Huawei AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理

バッテリーのもちが悪くなり、充電が1日持たないXperia X Performanceの端末、バッテリー交換修理を実施しました。 Xperia Galaxy AQUOS Zenfone Huaweiの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

修理速報

バッテリーのもちが悪くなり、充電が1日持たないXperia X Performanceの端末、バッテリー交換修理を実施しました。

スマホスピタル 広島本通りのアクセス・詳細情報はこちら



Xperia X Performance バッテリー交換修理について



今回修理のご相談を頂いたのは、
Xperia X Performanceの端末です。

安佐南区にお住いのお客様より、
バッテリーのもちが悪くなったので、
その修理をして欲しいと、
スマホスピタル広島本通店へお越しいただきました。

 



Xperia X Performance 端末の状態



お持ちいただいたXperia X Performanceの端末の状態を確認してみます。

1

バッテリーのもちが悪いとのお話でしたので、
バッテリーの健康状態から確認してみます。

Actual Batt(uAh): 2165702

公式に発表されているXperia X Performanceのバッテリー容量は、
2570mAhとされていますので、
容量の減少から、バッテリーが劣化している事が分かります。

また、バッテリーの不具合はそれだけではありませんでした。

2

端末背面側ですが、下のあたりで隙間ができています。
これは端末内部にあるバッテリーが膨張してしまい、
背面のパネルを押し上げてしまった状態なのです。

お客様ご自身は、普段ケースに入れたままにされており、
バッテリーが膨らんでいる事も、
背面のパネルが浮かび上がり隙間ができている事さえ、
全く把握されていなかったようで、
今回修理にお持ちいただきケースを外したことで、
始めて、こんなことになっている事に気づかれたそうです。

バッテリーの劣化が進み膨張してしまっている状況ですので、
新しいバッテリーに交換することで修理を進めていきます。

 



Xperia X Performance 端末の修理



改めてXperia X Performanceの端末の修理を行います。

3

Xperia X Performanceの端末は、背面側から分解を行います。

先程少し本体とパネルの間に隙間ができていましたが、
この背面のパネルは両面テープで本体に接着されています。

4

その背面のパネルを取り外せば、
本体側に基盤やバッテリーが付いているのが見えるようになります。

バッテリーのコネクタを基盤から外して分解する必要がありますが、
そのコネクタは外れてしまわない様に、
黒いプラスチックのプレートでネジ止めされて固定されています。

5

端末上部や右側にあるネジ止めを外し、
黒いプレートを取り外すと、
基盤や各コネクタ等が出てきます。

バッテリーのコネクタを外して、
次は本体に接着されているバッテリーの取り外しを行います。

バッテリーの右側に黒いビニールが2つ飛び出していますが、
このビニールの先に、両面テープが付いており、
そのテープによって、バッテリーと本体が接着されています。

この両面テープは横に引っ張る事で、
そのまま引き抜くことが出来ます。

ただし古くなったテープ等は劣化し固まってしまっていることがあり、
その場合は温めたり等しながら慎重にテープを剥がしていく必要があります。

6

実際にバッテリーを取り外した状態です。

端末の左側には、ボリュームや電源等のボタンと、
基盤とを繋ぐケーブルが通っており、
もしバッテリーを固定している両面テープが劣化しているときは、
これらのケーブルを傷つけないように注意しながら取り外す必要もあります。

実際に分解が完了すれば、
後は新しいバッテリーに交換して組み立てを行うだけです。

7

改めてXperia X Performanceのバッテリーを取り付けて起動し、
最初と同じようにバッテリーの容量をチェックします。

Actual Batt(uAh): 270500

お持ちいただいた際の2100mAhの数値からしっかりと改善できています。
その他に充電が問題なく行えている事、
タッチ操作等に不具合が無い事等を確認し、
無事修理を終え、お客様へ端末をお返しすることが出来ました。

 


 

今回修理のご依頼を頂いたXperia X Performanceの端末ですが、
バッテリーのもちが悪くなったといった使い勝手の悪さは気になっていたようですが、
実際にバッテリーの劣化が進んでしまっていて、膨張している事にまでは気付かれていませんでした。

ケースに入れている状態ではなかなか気づきにくい物ではありますが、
膨張したバッテリーを使い続けると、
頻繁に起こる事ではありませんが、
電源が付かなくなってしまう事や、
酷い時には発火してしまった等のお話を伺う事があります。

膨張してしまったバッテリーは、
出来れば放置せず、早めに交換することをお勧めしています。

もしお使いのXperia X Performanceの端末で、
バッテリーのもちが悪くなった、
気付かないうちに膨張してしまっていた等でお困りの際は、
是非スマホスピタル広島本通店へご相談下さい。

 

 


 

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei  AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei  AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報
  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei  AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei  AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理