Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

世界でも出荷台数上位のHUAWEI。HUAWEIシリーズの画面破損修理はスマホスピタル博多駅前店にお任せください! Xperia Galaxy Zenfone Huawei Nexusの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

お役立ち情報

お得情報

世界でも出荷台数上位のHUAWEI。HUAWEIシリーズの画面破損修理はスマホスピタル博多駅前店にお任せください!

[2020.05.27] スマホスピタル 博多駅前 / ラベル: ガラス交換修理 ,

カテゴリー:お得情報

先日米政府がHUAWEIに対する輸出管理規制を修正し、さらに厳しい措置を講じることがニュースになっていました。
この内容はHUAWEIへの半導体供給ラインを断つための新しいルールになり、米国のソフトウェアや技術、半導体製造措置を利用して製造された半導体は今後米政府の許可なくHUAWEIに供給することを禁じられる内容です。

中国側はこの規制に反発し米企業のApple、Cisco、Qualcommなど中国の『信頼できないエンティティー・リスト』に追加。
この制度は去年の5月に米政府がHUAWEIを禁輸リストに追加した時に中国商務部は米国にたいして報復措置としてこの制度を策定したのです。具体的にどんな措置を取るのかは明らかにされてはいませんが、対象になる内容は、中国企業や関連産業に損害を与え、中国の国家安全に対する脅威となる外国企業、組織、個人となっています。
元々米政府は中国IT製品の締め出しを図っており、スパイ活動に用いられるという安全保障上の懸念を理由に国内の通信網から中国製の通信機器を排除する規制の検討を発表していました。
そしてHUAWEI創業者の娘(同社幹部)をイラン制裁に違反した疑いで、米国より要請があったカナダ当局が逮捕したニュースは話題となっていました。それからもHUAWEIと米政府との対立は続いていましたが、
昨年禁止措置対象リストにHUAWEIが入ったことにより米国企業は同社との取引が原則禁止とされました。これによりHUAWEIのスマホはGoogleマップや、Google Play、You TubeといったGoogleのサービスをプリインストールできなったのです。
しかし、HUAWEIとの取引が禁止されたのは米企業であって、他国企業は取引が可能でした。昨年発表されたMate 30シリーズでは米国企業のQualcommの半導体が活用されていましたが、これは米国ソフトウェア及び技術が25%以下であれば規制の対象外となるなど、実際には輸出規制をくぐり抜けることができたのですが、今回こういったニュースが飛び込んできたということです。
米企業の半導体製造装置を使用している台湾企業TSMCは、この新ルール発表を受け、HUAWEIからの新規受注を停止しました。
HUAWEIは今後こういった事を克服して問題を解決するためにお客様やパートナー企業と協力していくという姿勢です。
こういった背景で喜ぶ企業もいれば、打撃を受ける企業もいるかと思います。

HUAWEIは、2019年のスマホ出荷シェアは米国からの制裁があったにも関わらず世界第2位のメーカーとなっていました。HUAWEIといえばカメラ性能が高いことは有名ですが、フラッグシップモデルにはLeica製のレンズとソニーと共同開発した、イメージセンサーを搭載していることが特徴となています。HUAWEIの端末シリーズは・novaシリーズ・Mateシリーズ・Pシリーズ・日本未発売のYシリーズ があります。
以前のデザインはつや消しのマット調のバックパネルのデザインの印象が強かったHUAWEIですが、現在は艶がありカメラ配置も片寄になるなど、デザインも大きく変わってきました。

そんなHUAWEIのスマホ修理もスマホスピタル博多駅前店では承っております。画面割れを始め、長年使用して劣化したバッテリー交換、ドックコネクターの破損など、HUAWEIのシリーズも取り扱っております。

スマホスピタル博多駅前店の修理内容は破損したパーツを新しいパーツと交換をする交換修理を行っております。HUAWEIやAndroidスマホはメーカーにもよりますが、交換する新しいパーツは希少部品も中にはあり、新型コロナウイルスの影響で入荷に多少お時間を頂戴する場合もあったりします。
そのため修理をご依頼する場合は先ずお問い合わせを頂くことで、在庫の確保をすることができ、スムーズに修理に取り掛かることができますので先ずお問い合わせ頂ければと思います。

修理後も安心してスマホをお使い頂けるように、修理ご安心の3ヶ月保証をおつけしております。この保証は、当店でおこなった修理や交換したパーツが原因で不具合が起きた場合は、保証期間3ヶ月以内であれば、無償にて再度修理、パーツ交換をさせて頂きます。
保証対象外として、当店以外の修理店での修理、ご自身で分解修理を行ったと判断される場合や、自責による水没、落下による破損などは、対象外となり有償修理となりますのでお気をつけください。

遠方にお住まいの方でも簡単に修理をすることができる郵送修理は大変便利です。手続きの流れとしましては先ず当店にお問い合わせを頂きます。追って当店よりご連絡をさせて頂きますので、端末の不具合の
状況、修理費用、修理内容の御了承を頂いてからの受付となります。
そして端末の発送をお客様より行ってもらいます。商品到着後、修理に取り掛かり修理完了後、迅速にスマホをお客様宛に発送させて頂きます。
新型コロナウイルスの影響もあり、郵送修理は今、多くの方にご利用頂いております。外出を控えられている方にもご利用頂けるサービスとなっておりますので、是非ご利用ください。
スマホの修理に関するご不明店があれば、お気軽にスマホスピタル博多駅前店にお問い合わせください!

 

スマホスピタル博多駅前

スマホスピタル博多駅前の詳細・アクセス

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-14 第2宮島ビル2F

営業時間 10:30〜20:30 (無休)

電話番号 092-475-7007

E-mail info@iphonerepair-fukuoka.com

オンライン予約 スマホスピタル博多駅前 WEB予約 >>

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • 買取サービス
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 学割キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

修理速報

  • 【Huawei Mate10Pro】膨張により背面パネルが浮いて中身が丸見え… 電池交換修理!!【バッテリー交換】

    Huawei Mate10Pro(BLA-L29,703HW) バッテリーが劣化し過電圧などの原因で膨張!!  バッテリーが劣化や過電圧、過充電などにより膨張してしまい交換が必要な...続きを読む

    [2020.10.26] スマホスピタル 立川

  • XperiaZ5の画面交換修理承りました!

    ご予約のあったお客様から、Xperia Z5の画面交換のご依頼を承りました。 お伺いしたはなしによると、先日マップを見ながら道を歩いていたところ誤って落下させてしまい次のような状態になってしまっていま...続きを読む

    [2020.10.25] スマホスピタル 藤沢

  • Xperiaのバッテリー相談承ります!

    今回はXperiaのバッテリー関連の故障内容をご案内させていただきます。どのスマートフォンでも起こる症状ではありますが特にXperiaの場合電池残量があっても急に0%になってしまい落ちてしまう事とバッ...続きを読む

    [2020.10.25] スマホスピタル イオン相模原