Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

バキバキに画面割れして表示不良となったGalaxy S10…画面交換で元通り使えます! Xperia Galaxy Zenfone Huawei Nexusの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

修理速報

バキバキに画面割れして表示不良となったGalaxy S10…画面交換で元通り使えます!

スマホスピタル 博多駅前のアクセス・詳細情報はこちら

バキバキに画面割れしてしまったGalaxy S10

お客様が外出先でGalaxy S10を地面へ落としてしまい、更に自転車で轢いてしまったようです。
スリープボタンを押すと上部が少し表示されるのみでした。

galaxys10_repair0615_1galaxys10_repair0615_3

勢いがすごかったのかバックパネルもバキバキに割れてしまっていました。

galaxys10_repair0615_2

お客様はGalaxy S10をとても大切にされていたようですごく落ち込まれていました。

画面割れの放置はとても危険

ここまで画面割れしてしまったらさすがにスマホ修理に依頼すると思いますが、
少しの画面割れだったら放置される人もいるかもしれません。

画面割れは放置すると内部まで傷めたり故障させてしまったり、データが初期化する恐れがあります。

1.水没
最近のスマホは生活防水程度なら守ってくれます!
しかし、画面割れしてしまっていたら?
画面割れした隙間から簡単に内部へ水が侵入して水没してしまいます。

「水辺に持って行かなければ大丈夫!」

っと思われるかもしれませんが、雨の日の湿気やお風呂上りにスマホを触ってしまうと、
それでも水が内部へと侵入してしまい水没します。
一度、水没してしまうと水没復旧修理しても長く使えない端末へとなってしまいます。

2.誤操作によるデータの初期化
画面割れしてしまうと画面の傷などによって画面のセンサーが不安定になります。
不安定になるとゴーストタッチと呼ばれる誤操作が起きてしまう場合があります。
画面操作していないのに勝手に画面操作されてしまう症状です。

ゴーストタッチによって勝手に電話してしまったり、ウェブ閲覧中にタッチした場所と違うリンクへアクセスしてしまうなどストレスが溜まってしまいそうですね。

一番、気を付けなければならない事は画面ロック中にも勝手に操作されてしまう場合がある事です。
画面ロックは何度もパスコードを間違えてしまうとスマホにロックが数分~数時間…
最後にはデータの初期化をしないと使えない端末になります。
セキュリティーの関係から絶対に解除できないようになっています。

水没やデータの初期化など大きな被害が出てしまう前に必ず画面交換修理を早めにしておきましょう。

スマホ修理(画面交換修理)開始

お預かりしたGalaxy S10の画面交換修理を始めていきます。
通常は動作確認をしますが、画面が見えない、データの初期化のリスクを減らすためにサクっと画面交換修理を進めていきます。

Galaxy S10はバックパネルを取り外してパーツ交換を行います。
バックパネルは熱に弱い粘着で固定されていますので温風を当てながら、工具で粘着を切り取っていきます。

galaxys10_repair0615_5galaxys10_repair0615_4

バックパネルを取り外したら次は基板の上にあるプレートもネジを外し、取り外します。

galaxys10_repair0615_6galaxys10_repair0615_8

ここまで取り外すとやっと基板の登場!

galaxys10_repair0615_7

次は電気の流れを遮断する為にバッテリーコネクターを外します。
電気が流れたまま基盤をいじったりしているとショートの恐れがあります。
どのスマホ修理でも基板まで到達したら、一番初めにバッテリーコネクターを取り外します。

バッテリーコネクターを取り外せば、後はディスプレイを取り外すだけ!
コネクターを取り外して故障したディスプレイを取り外します。
画面も粘着で固定されているので温めてから工具で取り外します。
残った粘着は綺麗に剥がしておきます。

galaxys10_repair0615_9

Galaxy S10の画面交換修理も折り返し。
新しい画面を固定して、コネクターを基板へと繋げます。
分解と逆手順で順々に組み上げていきます。

galaxys10_repair0615_10

スマホ修理(画面交換修理)完了

すべて組み上げたら電源を入れて動作確認をしていきます。

galaxys10_repair0615_11

まずは無事に画面表示がされ、データの初期化状態にもなっていなくてホッとしました。
タッチ操作やバッテリー状態などチェックしていきます。

問題がなければ最後に「圧着作業」へと進みます。
圧着作業とは画面、バックパネルをフレームにガッチリ固定する作業のことです。
これをしっかりしなければスマホを使用中に急に画面やバックパネルがパカっと外れてしまう恐れも…。
1日使いしっかり最後まで圧着作業をしていきます。

即日修理をご希望の場合はお気軽にスタッフへご相談下さい!
ご自宅の本などを使い自身でも圧着作業をすることも可能です。

圧着作業も終わり、お客様へ端末のお返しをしました。
初期化されずにデータはそのままでしたのでお客様もホッとされていました。

スマホスピタル博多駅前店ではHPやお電話でスマホ修理依頼のご予約承っております。
パーツの在庫が店舗にない場合がありますので事前のお問い合わせをオススメしております。
まずはスマホにお困り事ありましたら、お電話でお気軽にご相談下さいね!

スマホスピタル博多駅前 店舗情報

スマホスピタル博多駅前
住所
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-14 第2宮島ビル2F
営業時間
10:30〜20:30 (無休)
E-mail
hakata@smahospital.jp

スマホスピタル 博多駅前

TEL:092-475-7007

>>オンライン予約

>>お問い合わせ

>>アクセス・詳細

ご依頼はコチラ

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報
  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理