Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

スマホの電池は消耗品!?劣化したバッテリーをそのまま使い続けると危険なことがあります…。 Xperia Galaxy Zenfone Huawei Nexusの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

修理速報

スマホの電池は消耗品!?劣化したバッテリーをそのまま使い続けると危険なことがあります…。

スマホスピタル 博多駅前のアクセス・詳細情報はこちら

「スマホ(HUAWEI P10 Lite)の電池がすぐに切れてしまう」
…っとお困りのお客様からご相談をいただきご来店していただきました。

スマホに使われているバッテリーは「リチウムイオン電池」と呼ばれる電池が使用されています。リチウムイオン電池とはご存知の通り、繰り返し充電して使える電池のことです。
リチウムイオン電池は急速充電ができる、繰り返し充電・放電に強い、小さいのにパワフル、ワイヤレス充電ができることからスマホのバッテリーに採用されました。

この便利な電池であっても、ずっと使える訳ではなく劣化してしまう消耗品となります。
最大容量と呼ばれる電気を貯め込むバケツがあり、電池を使用していると徐々にこのバケツも劣化していき、あまり電気を貯め込めないバケツとなってしまいます。
そうなってしまうと今朝はバッテリーの充電が100%だったのに、お昼には30%ほどまで減っていた…そのようなことも起きるようになってきます。

このように電池のもちが悪くなってきたときは、劣化してしまっている可能性があります。
バッテリーの最大容量は設定から%で確認することができます。
Androidスマホは機種によって項目が違う場合もありますが、基本は設定の端末情報から確認ができます。
目安として最大容量が80%以下になってしまったときは劣化してしまっています。

劣化してしまったときはすぐにバッテリー交換をしたほうがよいです。
そのまま使用していると様々な不具合や故障の原因となってきます。
劣化したバッテリーをそのまま使っていると、ほとんど充電できないのはもちろん、急に電源が切れたり、スマホの動作にカクツキが出てきたりする場合もあります。
電池が膨張するときもあり、破裂や発火発煙の原因にもなります。膨張するので画面を押し上げて画面表示に影響が出てしまう可能性もあります。

このように様々なことが厄介事が起きてしまう場合があるので、早めにバッテリー交換しましょう。
Androidスマホのバッテリー交換は最短、即日修理でお返しできます。しかし修理内容や状態によっては時間がかかる場合もあります。
もしも、早めに返却をしてほしいなどご要望がありましたらスタッフへお気軽にご相談下さい。
スマホスピタル博多駅前店は大切なスマホのデータはそのままでのお返しできますので、急に壊れてしまったときでも安心して修理のご依頼をされてみてください!

それではお客様からお預かりした、HUAWEI P10 Liteのバッテリー交換を始めていきます。
HUAWEI P10 Liteはバックパネルから展開してパーツ交換をしていきます。
バックパネルはフレームと接着剤でガッチリ固定されています。
工具を隙間に差し込み接着剤を切り取っていきます。

Androidスマホ修理、HUAWEI P10 Lite、バッテリー交換、劣化

接着剤を切り取りましたら、バックパネルを展開することができます。
バックパネルはまだフレームに指紋センサーケーブルが接続されていますので、断線しないように気を付けながら展開していきます。

バックパネルを展開しましたら基盤を覆っているシールドを取り外します。シールドはネジで留められているのでそれぞれ外していきます。ネジに保護シールが貼ってありますのでシールをピンセットで剥がしてからネジを外します。シールドを取り外しましたら工具で指紋センサーケーブルを外します。

Androidスマホ修理、HUAWEI P10 Lite、バッテリー交換、劣化

ここまで作業が進みましたらバッテリーまわりを外していきます。
バッテリーコネクターを外す為、コネクターを覆っている金属プレートのネジを外して、取り外します。金属プレートを取り外したら工具でバッテリーコネクターを外します。

Androidスマホ修理、HUAWEI P10 Lite、バッテリー交換、劣化

バッテリーは接着剤(熱に弱い)でガッチリと固定されています。
少し温め、粘着力を弱めてから隙間に工具を差し込み持ち上げていきます。
劣化したバッテリーを取り外しましたら、残った接着剤を綺麗に取り外します。

フレームを綺麗にできましたら、新しいバッテリーを固定します。
バッテリーの固定が終わりましたら、動作確認をして順々に組み立てていきます。
最後には充電反応がしっかりされているかなど動作確認をしていきます。
正常に動作していたのでバックパネルとフレームを圧着します。
翌日に圧着が終わりましたのでお客様へお返ししました。

Androidスマホ修理は受付をしていない修理屋さんも多いです…。
「気に入っていたスマホだったけど、修理できないし機種変更しようかな」
…っと諦めてしまう前に一度、スマホスピタル博多駅前店へご相談下さい!
もしかするとお力になれるかもしれません。たくさんのAndroidスマホ修理をしてきた修理実績がありますので修理できる可能性もあります。まずはお電話でお気軽に修理スタッフへご相談下さいね!

スマホスピタル博多駅前 店舗情報

スマホスピタル博多駅前
住所
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-14 第2宮島ビル2F
営業時間
10:30〜20:30 (無休)
E-mail
hakata@smahospital.jp

スマホスピタル 博多駅前

TEL:092-475-7007

>>オンライン予約

>>お問い合わせ

>>アクセス・詳細

ご依頼はコチラ

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報
  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理