Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

ASUS製Android搭載スマートフォン「ZenFone Max M2」「ZenFone Max Pro M2」 Xperia Galaxy Zenfone Huawei Nexusの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

お役立ち情報

ASUS製Android搭載スマートフォン「ZenFone Max M2」「ZenFone Max Pro M2」

ASUSのスマートフォン「ZenFone Max M2」「ZenFone Max Pro M2」を紹介したいと思います。

ASUS JAPANは、大容量バッテリーを備えるミドルレンジのスマートフォン、「ZenFone Max M2(ZB633KL)」と「ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)」を2019年3月15日に発売します。
予想販売価格はZenFone Max M2が26,500円、ZenFone Max Pro M2が35,500円です(税別)

ZenFone Maxシリーズは大容量バッテリーのため、長時間稼働が可能です。
今回の新モデルも、ZenFone Max M2が4000mAh、ZenFone Max Pro M2が5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。
メーカー公称の最長連続待受時間は、ZenFone Max M2が33日間、ZenFone Max Pro M2が35日間となっています。
最長連続通話時間は、ZenFone Max M2が35時間、ZenFone Max Pro M2が31時間となっていますとなっています。

ZenFone Maxシリーズのもう1つの特徴として、別のUSBデバイスに電源を供給する「リバースチャージ」にも対応しています。
ただし、USB On-The-Go(USB OTG)ケーブルは別売のため注意が必要です。
また、リバースチャージの相手(iOSデバイスは除く)のポータブルストレージとしても利用出来ます。

OSは、ZenFone Max M2、ZenFone Max Pro M2ともにAndroid8.1を搭載していますが、ASUS独自のユーザーインターフェス「ZenUI」ではなく、Android標準のUIになっています。
「ZenMotion(ジェスチャー操作機能)」を搭載しており、カメラのUIはASUSオリジナルのものになっています。

アウトカメラではデュアルセンサーを活用した「ポートレート撮影」が出来る他に、AIによる13種類のシーン認識も対応しています。
ただし、ZenFone Max Pro M2は、発売時に配信されるソフトウェアの更新を行わないと利用が出来ませんので、注意して下さい。

SIMカードはNano-SIMを2枚搭載可能で、2枚とも音声をVoLTEで待受出来る「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTEスタンバイ)」に対応しています。
VoLTEは国内大手3キャリア、NTTドコモ、au、ソフトバンク全てに対応しています。
NTTドコモ回線ではより高音質な「HD+通話」も可能です。
ただし、通話相手もドコモ回線で、HD+通話に対応している機種である必要があります。
LTE通信時は最大2波までのキャリアアグリゲーション(CA)に対応しています。
理論値は、下り最大300Mbps、上り最大75Mbpsで通信することが可能です。
Wi-Fi(無線LAN)は2.4GHz帯(IEEE 802.11b/g/n)のみサポートされています。
MicroSDスロットはSIMスロットから独立しているため、2枚のSIMカードとMicroSDカは、ードを同時に使用することが可能です。
最大2TBのMicroSDXCカードに対応しています。
また「Google Drive」の1年間100GB利用権(2500円相当)もついています。

ZenFone Max M2はエントリー向けのスペックで、プロセッサはQualcommの「Snapdragon 632」を搭載し、メインメモリは4GB、ストレージは32GBとなっています。
ディスプレイの解像度はHD+(720×1520ピクセル)で、ノッチ付きの6.3型IPS液晶です。
アウトカメラはデュアル構成で、1300万画素のメインカメラと200万画素の深度測定用のカメラを搭載しています。
インカメラは800万画素で、顔認証に対応しています。
外部接続端子は、MicroUSB Type-Bで、独立したイヤホンマイク端子も搭載しています。
背面には指紋センサーもついています。
カラーバリエーションは、メテオシルバー、ミッドナイトブラック、スペースブルーの3色のラインナップになっています。
付属品はUSBケーブル、ACアダプター、イヤホンマイクです。

ZenFone Max Pro M2は、ミドルレンジのスペックで、プロセッサはQualcommの「Snapdragon 660」を搭載し、メインメモリは4GB、ストレージは64GBとなっています。
ディスプレイの解像度はフルHD+(1080×2280ピクセル)で、ノッチ付きの6.3型IPS液晶です。
画面は耐衝撃性を更に高めた「Corning Gorilla Glass 6」が採用されています。
アウトカメラはデュアル構成で、1200万画素のメインカメラと500万画素の深度測定用のカメラを搭載しています。
インカメラは1300万画素で、顔認証に対応しています。
外部接続端子はMicroUSB Type-Bで、独立したイヤホンマイク端子も搭載しています。
背面には指紋センサーもついています。
カラーバリエーションは、コズミックチタニウム、ミッドナイトブルーの2色のラインナップになっています。
付属品はUSBケーブル、ACアダプター、クリアケース、イヤホンマイクです。

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • 買取サービス
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 学割キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

修理速報

  • タッチ操作ができないArrowsSV(F-03H)基板移植しました!データそのままでお返しいたしました。

    先日修理しましたのが落下してから画面表示はあるもののタッチ操作が一切できないとArrowsSV(F-03H)の修理のご依頼をいただきました。1枚目のお写真がお持ち込み直後のアローズの状態のお写真になる...続きを読む

    [2019.10.19] スマホスピタル名古屋

  • 背面パネルが浮いてきてしまったとXperiaXPerformanceバッテリー交換修理のご依頼をいただきました。49分で修理完了、データもそのままでお返しできました。

    本日修理しましたのが最近背面パネルが浮いてきてしまったとXperiaXPerformanceバッテリー交換修理のご依頼をいただきました。1枚目のお写真がお持ち込み直後のエクスペリアの状態のお写真になる...続きを読む

    [2019.10.18] スマホスピタル 名古屋金山店

  • 取り出せないSIMカードも救出可能!お任せください!

    SIMフリーや格安SIMという言葉が浸透して、いまではSIMフリーの端末を使う方もかなり増えました! SIMの抜き差しをする機会もかなり増え、しょっちゅう入れ替えている人も中にはいます しかし、そのS...続きを読む

    [2019.10.18] スマホスピタル 高槻