Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

バッテリーの消耗がはやくなってきたらバッテリー交換修理がおすすめです! Xperia Galaxy Zenfone Huawei Nexusの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

お役立ち情報

バッテリーの消耗がはやくなってきたらバッテリー交換修理がおすすめです!

スマホスピタル 京都駅前のアクセス・詳細情報はこちら

スマホは長年使うとバッテリーの消耗がはやくなってきます

 

battery_mark3

 

スマホは長年使うとバッテリーの消耗がはやくなってきます。

原因は2つございます。

 

本体基板の経年劣化による消費電力の上昇

内蔵バッテリーの劣化

 

上記2つがバッテリーの消耗がはやくなる主な原因となります。

本体基板・内蔵バッテリーの劣化、どちらもスマホを使ううえで避けられないものになります。

ただ、内蔵バッテリーに関しては使い方次第でできるだけ長くもたせることが可能です。

 

内蔵バッテリーの寿命をはやめないために

 

smartphone_hogo_film

 

内蔵バッテリーの劣化はスマホの使い方によってはやめてしまうことがございます。

いくつか内蔵バッテリーの劣化をはやめてしまう使い方というのをご紹介させていただきます。

こういった使い方をできるだけやめることでバッテリーの劣化をはやめてしまうのを極力防ぐことができます。

 

 充電しながらの使用

 

smartphone_battery_mobilebattery

 

これはみなさんやりがちだと思います。

充電しながらのスマホの使用ですね。

これがなぜダメかというと充電しながらスマホを使用すると、

バッテリーが充電→放電→充電→放電…と忙しい状態になってしまいます。

これによってバッテリー自体が熱を持ってしまい、その熱でバッテリーの劣化がはやまってしまうんです。

 できるだけ充電する時は充電、使う時は充電をやめることを心がけたいですね。

 

100%まで充電終わっているのに充電ケーブルを抜かない

 

smartphone_juuden

 

これも実はダメなんです。

100%まで充電が終わっても充電ケーブルを抜かないという使い方ですね。

バッテリーは100%までたまっても充電が止まらないと満充電状態という状態になります。

この満充電状態が長く続くとバッテリーの劣化がはやまってしまうんですね。

 寝る前に充電ケーブルを差しておいて朝充電ケーブルを抜くという方多いかと思いますが、

これも満充電状態を長く続かせてしまうことになるので控えたいですね。

 

 バッテリーの消耗がはやくなってきたらバッテリー交換修理がおすすめです

 

 img_5499

 

バッテリーは新しいものと交換することが可能です。

古くなったバッテリーを新しいバッテリーに交換することで、

バッテリー持ちの改善が期待できます。

バッテリーの消耗のはやさが気になりましたらバッテリー交換を検討されてはいかがでしょうか?

当店ではスマホのバッテリー交換修理を最短90分からご案内しております。

バッテリー交換をご検討の際は気軽にぜひ当店にご相談くださいませ。

スマホスピタル京都駅前 店舗情報

スマホスピタル京都駅前
住所
〒600-8216

京都市下京区東塩小路町735-1 京阪京都ビル1階南区画
営業時間
10時〜21時(定休日:なし)
E-mail
kyotoekimae@smahospital.jp

スマホスピタル 京都駅前

TEL:050-5444-3409

>>オンライン予約

>>お問い合わせ

>>アクセス・詳細

ご依頼はコチラ

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報
  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

修理速報