Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

【ZenFone Max Pro(M2)】画面が真っ暗で操作もできない…そんな液晶不良も修理してすぐにお返しします! Xperia Galaxy Zenfone Huawei Nexusの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

修理速報

【ZenFone Max Pro(M2)】画面が真っ暗で操作もできない…そんな液晶不良も修理してすぐにお返しします!

スマホスピタル 横浜関内のアクセス・詳細情報はこちら

 

 

ZenFone Max Pro(M2)の修理をご紹介します!

 

 

 

ZenFone MAX Pro(M2)_修理前

こちらは液晶が映らなくなってしまったそうなので、

パネル交換の修理になります。

 

では、さっそく着手します!

 

 

こちらの機種は画面と背面のどちらからも開けられますが、

液晶のケーブルが背面のバッテリーの下を伝って接続されている都合上、

どちらからも開けて作業しなければなりません…。

 

まずは背面を開けて、液晶のコネクタを外しにいきます。

 

過熱のマットを使って粘着を和らげ、

カードや薄いヘラを使って徐々に粘着を剥がしていきます。

綺麗なデザインの塗装を裏から傷つけてしまわないよう注意です。

ZenFone MAX Pro(M2)_カバー

 

その下も黒いカバーになっているので、ここも同じ方法で外します。

ここまででネジはまだ出ていません。

ZenFone MAX Pro(M2)_カバー2

すると見えてきた指紋の認証センサーとケーブルが乗っている黒い部分もカバーになります。

ここはネジを外しますので、どこのネジかわからなくならないよう注意します。

ネジを外したら、爪をヘラなどで外しつつ黒いカバーを持ち上げます。

ZenFone MAX Pro(M2)_カバー3

 

ようやく基板とコネクタが見えます。

バッテリー本体のすぐ上部、黒いケーブルがついているのがバッテリーのコネクタなので、

そちらを外し、バッテリー本体も粘着から外します。

ZenFone MAX Pro(M2)_バッテリーコネクタ

ZenFone MAX Pro(M2)_バッテリー

バッテリーの下になっていた長いケーブルは液晶のものなので、

そのコネクタは外しておきます。

こちらで、背面側の準備はできました。

 

 

続いて、画面のほうの作業は

ヘラなどを使ってパネルを粘着から剥がしていきます。

今回はすでに液晶が映らない症状なので、剥がす作業はそこまで気を遣わなくて大丈夫でした。

ZenFone MAX Pro(M2)_液晶

 

粘着が剥がれたら、先ほど外した背面のケーブルをするすると抜いていくような形で

パネルを外すことができます。

ZenFone MAX Pro(M2)_分解

あとは新しいパネルから逆の手順でセットしていけば、修理は完了です!

 

 

当店ではパーツの品揃えがない機種でも、取り寄せてご用意をいたします。

どのような端末の症状でも一度ご相談にお持ち込みください!

お待ちしております!

 

スマホスピタル横浜関内店 店舗情報

スマホスピタル横浜関内店
住所
〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町5-62 馬車道田中ビル3階
営業時間
11時30分〜20時(無休)
E-mail
yokohamakannai@smahospital.jp

スマホスピタル 横浜関内

TEL:050-5445-9231

>>オンライン予約

>>お問い合わせ

>>アクセス・詳細

ご依頼はコチラ

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報
  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei NexusなどAndroidスマホ・タブレット 修理