Xperia Galaxy Zenfone Huawei AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理

androidで再起動を繰り返す「ロゴループ」、その原因と対処法 Xperia Galaxy AQUOS Zenfone Huaweiの修理、買い取りならアンドロイドホスピタルにお任せ!

珍しい修理

珍しい故障について

androidで再起動を繰り返す「ロゴループ」、その原因と対処法

スマホスピタル 大阪駅前第4ビルのアクセス・詳細情報はこちら

XperiaなどのAndroidを使用していて、起動しない…再起動を繰り返す…といった症状になった場合はどのようにすればいいのでしょうか?

当店はXperiaをはじめとするAndroidの修理を行っておりますが、その中でもかなり再起動を繰り返すなどの起動できないお問い合わせは多いです。

今回はAndroidの再起動が繰り返され、ロゴがループする「ロゴループ」と言われる症状についてご説明します。

もし、Androidで再起動を繰り返すようでしたら、この記事を参考にしてみてください。

s__117006342

Androidのロゴループとは?

ロゴループと聞いても何のことかわからない方が多いと思います。

まずはロゴループがどのような症状なのかご紹介します。

通常XperiaなどのAndroidを起動させると、それぞれのメーカーのロゴマークが表示されると思います。

Xperiaでしたら「Xperia」という文字が表示がされてからホーム画面に進みます。

ですが、ロゴループの症状になってしまうと、
起動させる→ロゴマークが表示される→画面が暗くなる→ロゴマークが表示される→画面が暗くなる
というように、一向にホーム画面まで進まない状態のことをいいます。

ロゴループになってしまうと、ホーム画面まで進まないので、操作をすることはもちろん、バックアップなどの操作もできないようになってしまいます。

 

アンロイドスマホが再起動を繰り返す原因

スマホ 不具合

ロゴループになる原因は様々です。

ただパッと見ただけではわかりにくいものも存在します。

ここではロゴループになる原因についてご紹介します。

 

バッテリーや各種パーツの破損

バッテリーが劣化して、やがて寿命を迎えると、立ち上げる事自体ができなくなってしまう事があります。

Androidに搭載されているバッテリーはリチウムイオンバッテリーと言って、繰り返し充電をすることで使用できますが、限りがあります。

繰り返し使用していると、バッテリーが劣化し、Androidを起動させるために必要な電力供給ができなくなってしまいます。

その結果、Androidを起動させるために必要な電力を供給できないので、再起動を繰り返すことになるのです。

また、パーツが破損している場合も、Androidを立ち上げる際にエラーを起こしてしまい、結果ロゴループのような状態になる場合があります。

例えば、カメラパーツが起動を邪魔する事例もありました。

ロゴループの原因が思いもよらないところから起きていることもあるので、原因を特定することが困難なのです。

 

容量がいっぱいになっている

Androidにはそれぞれデータを保存できる容量が決められています。

その容量がいっぱいになると、電源が落ちてしまったり固まったりする事が多く、電源が落ちて自動的に点こうとする際に、結果的にロゴループのよな状態になる場合があります。

容量が足りなくなると、ロゴループになるだけではなく、動作が重くなったりフリーズして固まってしまうこともあるので、定期的に確認しておいた方が良いでしょう。

特に、元々の本体容量が小さいAndroidなどは要注意です。

 

OSのエラーを起こしている

一時的にシステムが異常状態になっている可能性もあります。

AndroidなどのスマホにはOSというシステムが搭載されており、OSによってAndroidを制御して稼働させています。

皆さんのAndroidにも定期的にOSの更新が通知されているので、身近に感じるのではないでしょうか?

このOSなのですが、通常問題なくAndroidを稼働させるためにプログラムが設計されていますが、中にはバグを引き起こすようなOSもあります。

OSのバグのせいで、Androidが再起動を繰り返すことも考えられます。

また、OSのアップデートにはバグの修正だけではなく、セキュリティの強化も含まれています。

なので、OSの更新をあまりされていない方は、定期的に行った方がいいかもしれませんね。

 

本体基板の故障

Androidなどのスマホには基板と呼ばれる部品があります。

基板とは人間でいうところの脳にあたる部分になります。

各パーツに指令を出したり、データを記憶するなどAndroidの核 になる部分になります。

その基板が故障していると、ロゴループになることがあります。

基板が故障している場合は、個人で修理や対処することは非常に難しいです。

 

ロゴループした際の対処法

スマホ 対処法

ではAndroidがロゴループになっている場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

もし、皆さんが今ロゴループでお困りでしたら是非とも参考にしてみてください。

 

再起動する

ロゴループになっていると、通常の電源ボタンを長押しで電源オプションを表示させての再起動が難しいと思います。

なので、ここでは強制再起動を使用します。

Androidの機種やモデルによって異なりますので、皆さんがお使いの端末の強制再起動の方法をお試しください。

今回はXperiaの強制再起動の方法をご紹介します。

Xperiaの強制再起動の方法は非常に簡単で
音量ボタン(-)と電源ボタン長押し
を約3秒ほどするだけです。

ちなみに、強制再起動はあまり頻繁に行いすぎると本体に負担になりかねるので、ここぞという時に使用しましょう。

強制再起動を行うと、ロゴループになっている画面が一度電源が落ちて、再度ロゴが表示されるので様子を見ましょう。

問題なくホーム画面に進めばロゴループが改善されたということになります。

 

電源を落とす

強制再起動でも電源を落とすことができない場合は、一度Androidのバッテリーを使い切りましょう。

Androidのバッテリーを使い切ることで、電源が落ちるので、その後充電を行い、問題なく起動するのか確認しましょう。

問題なくホーム画面まで進めば成功です。

 

セーフモードで立ち上げてみる

セーフモードとは、工場出荷時にもともとインストールされているアプリのみで、端末を立ち上げることです。

最小限の容量で立ち上げるので、容量オーバーなどの際には役に立ちます。

セーフモードで起動する方法は機種によって異なりますが、Androidの場合は以下の方法がメジャーです。

電源ボタンを長押し→「電源を切る」を長押し→「再起動したらセーフモードで変更」という表示がでたら、「OK」をタップする

セーフモード解除時は電源を切って立ち上げれば戻ります。

 

修理に出す

上記の方法でも改善しない場合は修理に出した方が良いでしょう。

修理に出すことでバッテリーの交換やシステムの更新など専門的なことを行ってもらえる可能性があります。

Androidの修理には2つ方法があります。

携帯キャリアのような正規店で修理をするか、当店のような修理専門店に依頼するかです。

携帯キャリアでの修理はデータが消去されることが多く、修理にかかる時間が数週間かかることがあります。

ですが、保証サービスに加入していれば格安で修理を受けることができる可能性があるので、データは特に必要なくて、修理に時間がかかっても問題ない方は、相談してみてもいいかもしれません。

もう1つが当店のような修理専門店で修理を行う方法です。

例に出すと、アンドロイドホスピタルでは、基本的にはデータそのままで修理を行い、端末の状態にもよりますが、即日で修理が完了することが多いです。

携帯キャリアでの保証は使えることが少ないですが、それでも安く修理を行うことができるのでお勧めです。

Androidのロゴループでお困りでしたらアンドロイドホスピタルまでご相談ください。

 

Androidがロゴループにならないために

スマホ 対策

1度ロゴループになってしまうと、操作することはもちろん、データを取り出すことも困難になってしまいます。

できるなら、ロゴループにならないように使いたいですよね。

ここでは、Androidがロゴループにならないようにできることをご紹介します。

 

バッテリーの劣化に注意する

先ほどもご紹介しましたが、バッテリーが劣化することでロゴループになる可能性があります。

ですが、バッテリーの劣化を完全に止めることはかなり難しいです。

なので、バッテリーが劣化していないか注意することが重要になります。

また、劣化している場合は、早めにバッテリーの交換などの対応も重要になります。

機種によってはバッテリーの劣化度合いが確認できる機種もありますので、定期的に確認した方が良いでしょう。

 

OSを定期的に更新する

皆さんのAndroidにはOSの更新通知が来ていませんか?

OSの更新は定期的に行われていますが、自動更新の設定にしていなければ、手動で更新をしなければいけません。

古いOSの場合はバグなどの不具合が起きることもあるので、定期的にOSの更新は行った方が良いでしょう。

 

本体容量を確保する

本体容量が圧迫されていると、ロゴループになる可能性があるとお話ししました。

不要な写真やアプリなどはバックアップを作成した後、削除して本体容量を開けた方が良いでしょう。

 

データのバックアップを作成する

こちらはロゴループ鳴らないために行うことではありませんが、もし、ロゴループが起きてしまった際に、データのバックアップされあれば、新しい本体になったとしても、データは復元することができます。

なので、定期的にデータのバックアップや、アカウント情報などは控えておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

shop-access

今回はAndroidのロゴループについてご紹介しました。

個人で原因を特定することは難しいですが、対処法や起きにくいようにすることはできます。

万が一お使いのAndroidがロゴループになってしまった際は、是非ともアンドロイドホスピタルまでご相談ください。

ご相談のみでしたら無料で行いますので、お気軽にご来店ください。

皆様のご来店お待ちしております。

スマホスピタル大阪駅前第4ビル店 店舗情報

スマホスピタル大阪駅前第4ビル店
住所
〒 530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4 大阪駅前第4ビル B2階35号
営業時間
10:00~20:00(定休日なし)
E-mail
osakadai4biru@smahospital.jp

スマホスピタル 大阪駅前第4ビル

TEL:050-5445-5340

>>オンライン予約

>>お問い合わせ

>>アクセス・詳細

ご依頼はコチラ

一覧に戻る

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。Xperia Galaxy Zenfone Huawei  AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理

その他メニュー

  • ケース 500円〜 パーツ販売
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン Xperia Galaxy Zenfone Huawei  AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • 安心制度と保証に関して
  • 修理速報
  • Android 修理内容一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei  AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理
  • Android 修理価格一覧 Xperia Galaxy Zenfone Huawei  AQUOSなどAndroidスマホ・タブレット 修理

修理速報